料理について

~料理について~

日々のお料理は、私なりのルールの中で作っています。

ヨガを通して見えてきたものや日々の生活で感じているものを

食に対して実践しています。


それぞれに対応したハーブや食べ物がありますが

それを摂るだけではなくそもそもの生活を見直すことに重要性を感じています


デトックス以前に何を体に入れたのか?

添加物や過剰なものが多ければ

突然デトックスしたとしても

そのこと自体が負担になる。

いつもの食事を見直し

「どの程が自分に見合っているのか?」という事を

知っていくことがまず大切だと思っています


年齢や季節、環境などによって

体調や精神面でも変化は常にあります。

その時々に柔軟性をもって

どういった対応をケアをするのか。


当然、外食もしますし商店街でコロッケを買ってくることもあります。

そういった”ちょっとしたこと”にも

すぐ対応でき、何でもないことにできる

体や心をつくっていくのは日々の生活あってではないかと感じます。


できるかできないかではなくて

知っているか知らないかでは生活が大きくかわるのではないでしょうか。


要は「最後の日まで元気でいたい!」

それにつきます。



「使わないもの」の理由は別ページです。


~お肉 野菜 卵~

季節の野菜、旬の物。

近郊の物や有機、無農薬などをなるべく使います。

見つからないときはそれなりに。

メニューを変えたり産地を吟味します。


〜調味料〜

*有機、オーガニックの調味料をなるべく使います*

醤油

甜菜糖 粗糖

(甜菜糖は体を温めてくれます。粗糖は冷やす方です。)

味噌

海の天然塩 岩塩

(基本的には海の天然塩を使いますが、

肉を固くする成分が岩塩には少ないので動物性には岩塩を使用したり使い分けています。)

米酢

米油

オリーブオイル

ケチャップ

マヨネーズ

粒マスタード

ハーブ スパイス類

昆布 鰹節

(だしは、かつおと昆布 、有機 オーガニックの野菜からとったべジブロスを使います。

ハーブや薬味で風味を上げるとおいしく仕上がります。)

家族のメインは動物性を使うことが多いです

それ以外は大体ベジ使用になることが多いです。


〜調理法〜

蒸す

焼く 揚げる

煮る 茹でる

一回分で調理法がかぶりすぎないようにします。